工場の生産性向上講座

たった90日であなたの工場が黒字化するノウハウを解説

工場管理の新常識 間違いだらけの15の視点 13

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

工場管理がうまくいかないのは、あなたの常識が間違っているからだ!

ということで、連日1つずつ解説しています。

pe-michanpapa.hatenablog.com

 

師匠O先生が説明するセミナーが今月開催されます。(9/20@東京)

従来のやり方に限界を感じ、革新的な工場管理を学びたいあなたは是非!

http://www.omi-con.com/

 

「段取り回数は少ないほうがよい」は間違い

 

中小メーカーの管理者であるあなたは、

段取回数を少なくすることばかり考えていませんか?

ここが大きな問題です。

 

段取チームをつくれ

 

改善リーダーであるあなたは、段取作業を正しく理解していますか?

ものづくりでは、段取作業はいくらやってもお金を生みません。

だから、段取作業を早くできる人が段取チームをつくり、

段取時間を早くし、生産性をあげなければならない。

 

この段取作業を早くできる人を中心に、段取専門チームを作るのは知恵になります。

このチームは、1日中、段取作業をしている工程を渡り歩きます。

 

段取時間を10分以下にすることをシングル段取と言います。

シングル段取を目指して、段取時間短縮をしましょう。

トヨタ生産方式の基本的な考え方です。

*まず現状の段取時間を測定して意識するだけで約3割り削減できますよ!