技術士(経営工学) 生産性向上コンサルタントの着眼点

たった3ヶ月で儲かる工場になる方法をあなたに

ネック工程に着眼せよ!

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

一昨日話した、ネック工程の具体例を見てみましょう。

 

ネック工程に着眼せよ!

 

早速ですが、図のような工程があったとします。

この工程の出来高は、1時間で3個になります。

ネック工程は第2工程(3個/h)ですね。

f:id:PE-michanpapa:20180128213250p:plain

ネック工程に着眼せよ

工程間には仕掛品増及び待ちだらけになります。

この様な場合は、

まずネック工程である第2工程の改善(作業改善、技術改善)をして、

能力アップを図ります。

 

ネック工程には、人と機械のネックがあります。

人のネックは人を投入します。

 

機械のネックは、機械を24時間回して、

少なくとも85%以上の良品稼働率を達成されていなければ、

ネック工程を処置したとは言えません。

 

更に、85%以上の稼働率を達成していて、それでも出来高が足りない時は、

設備増強の検討を行います。

 

JIT(ジャストインタイム)の思想では、

前工程は、後工程が必要とするものをつくったら、機械を止めることが必要です。

機械は、必要な時間だけ回せばよく、

必要時間以上の機械を回せば、仕掛品を増やすだけです。

pe-michanpapa.hatenablog.com