技術士(経営工学) 生産性向上コンサルタントの着眼点

たった3ヶ月で儲かる工場になる方法をあなたに

ユダヤの法則 03

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。
ユダヤの法則はかなり使えそうだということが分かって頂けたのではないでしょうか。

pe-michanpapa.hatenablog.com

pe-michanpapa.hatenablog.com

 

宇宙を支配する法則

 

この法則で考えると、人間のやることは完璧ではないから、
どんなに頑張っても22%は不完全のままで終わるということになります。

 

これは人間である以上、仕方がないことではないでしょうか。

 

重要なのは、勉強にしろ、スポーツにしろ、なんであれ
「どんなに頑張っても78%しか達成できない」ということを自覚し、
この不完全の22%を次にどう活かすか考えることである。

 

そして、次にやるときは、この22%を100と考えて、最大限の努力をする。

 

そうすると、1回目では最大限78%の達成度が、
2回目では78%+22%×0.78=95%へとレベルアップしたことになり、
これを何度も繰り返すことで、限りなく100%に近づいていくことになります。

 

一流と呼ばれる人は、自分の最大限の努力を何回も繰り返しているはずです。

 

また、子供や人に対しても、出来なかった22%を責めるのではなく、
出来た78%をほめて伸ばせばいいということになります。

 

技術士試験も残り約60日、
78%の46日はしっかり対策し、14日は休みや気晴らしをすればよいでしょう。

 

「不完全と思っていた事が実は、完全だった」

 

ユダヤの法則により、最小限の努力で最大限の効果が上がる。
仕事はもちろん、人間関係、投資、家庭、等にも応用可能な思考法ですね。