技術士による工場の生産性向上講座

たった90日であなたの工場が黒字化する方法

ザ・工場改革 (2)

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

儲かる工場になるには、「まず何から始めるか?」について解説します。

前回の続きです。なぜ、相談した場合は上手くいかないのか。

 

誰も今のやり方を変えたがらない!

 

実は、管理者や現場リーダーに、工場改革をするかどうか相談した場合、

99%の確率で実行には至りません。

 

なぜなら『今のやり方を変えたくない』からです。

 

たとえ赤字だろうが、会社が倒産しようとも、今のやり方を変えたくない。

 

その理由は、簡単です。

・やり方が変わることで、仕事量や責任が増えてしまうのではないか、という恐怖

・どんなやり方になるのか分からない、先が見えない、という不安

というような否定的な心理が働くからです。

f:id:PE-michanpapa:20171027230857j:plain

否定的心理に悩む経営者

だから、工場改革を始めるには、

まず「経営者自身が強い決意」をしなくてはならないのです。

 

「工場長や取締役が反対してもやり抜く」

「それが会社の未来のためであり、引いては従業員のためにもなる」

 

そのような覚悟で、経営者自身がリーダーとなって始めなければならないのです。

 

私は師匠O先生との現場コンサルにかかわるようになって、

この「経営者の決断力」を強く実感することができました。

私達のコンサルに興味を持った経営者の方でも、工場診断に参加されない場合は、

その後のコンサル指導に至らないことが多いです。

 

それは、決断ができていない証拠です。

では、どうするか?次回解説します。