技術士(経営工学) 生産性向上コンサルタントの着眼点

たった3ヶ月で儲かる工場になる方法をあなたに

Coffee Break20(ゴッホの「1足の靴」からの)

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

師匠O先生は、ゴッホの絵には2つの見方があると言います。

 

存在的見方と存在論的見方

 

ゴッホの「1足の靴」は農夫の靴だけを描いた絵画ですが、

そこには生活やそれを支える土地を描いています。

f:id:PE-michanpapa:20180207231804j:plain

ゴッホの「1足の靴」

絵の見方を含めて、ものの見方には2つの見方があります。

①存在的見方、絵の大きさ、絵の具の使い方、暗い絵だな、というような見方です。

存在論的見方、この絵は貧しい農夫の生活を如実に訴え、見る人に感動を与えます。

 

存在とは何か?これは、存在的見方です。

存在とは何かと問いかける意味は何か?これは、存在論的見方です。

 

こうしてみると、存在論的見方の方が大切だと思います。

 

師匠O先生は、中小メーカー向けトヨタ生産方式である「FL法」を確立しました。

現在、多くの中小メーカーの経営者に受け入れられています。

 

それは、FL法とは何かという「存在的見方」ではなく、

FL法は中小メーカーがお金を掛けないで生産性を上げてくれる

救世主ととらえるからだ!

すなわち、FL法を「存在論的見方」をしてくれるからだ!と言います。

 

なるほど~!

 

そして師匠O先生は、

この存在論的見方をドイツの哲学者ハイデガーから学んだと言います。

 

そして、哲学を学べ!と。

 

ニーチェハイデガーのピューシスとアレーテア、ポイエシス、○×△@*+%$#…

 

なんのこっちゃ私には、全く分かりましぇ~ん!

 

でも、私達が提唱するFL法」は中小メーカーの救世主である。

ということは分かります。