技術士(経営工学) 生産性向上コンサルタントの着眼点

たった3ヶ月で儲かる工場になる方法をあなたに

Coffee Break23(F.W.Taylor 科学的管理)

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

今日はコーヒーブレイクです。

 

「標準時間」は画期的発想だ!

 

テイラー(F.W.Taylor 1856-1915)は「標準時間」に着眼した

科学的管理の創業者です。

テイラーは各仕事について、1日の標準作業量を設定し、

標準時間を決めて作業することを推奨しました。

 

しかし、テイラーの標準時間は一流労働者の最良速度で作業することを意味し、

過度の労働能率を強制するものと非難され、実際には採用されませんでした。

 

だが、「標準時間」を打ち出したことが画期的発想でした。

このテイラーの科学的管理の発想は、今から約100年前ですが、

この考え方が経営工学(IE)やトヨタ生産方式(JIT)に受け継がれています。

 

素晴らしいですね!