技術士による工場の生産性向上講座

たった90日であなたの工場が黒字化する方法

理想的な生産ライン 02

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

引続き生産性向上の話です。

ある工場で、製造量が増加するため、急遽生産ラインを作ることになりました。

 

昨日は、ラインを短くすれば、品質が上がり、コストは下がる。

という話をしました。

pe-michanpapa.hatenablog.com

 

工程表示は番号表示をせよ

 

工場では、設備や機械ごとに様々な情報が表示されていますよね。

例えば「工程名称」、溶接、塗装、研磨、等、

あるいは機械番号や取得年月日でしょうか。

 

確かに、必要な情報ではありますが、理想的な生産ラインには重要ではありません。

 

表示すべき、最重要情報は、

「工程の順番と流れレイアウトを確認できる番号表示」です。

 

なぜでしょうか。

例えば、7つの工程があるなら、工程順に1/7-7/7までの番号を付けます。

このレイアウトが番号通りに繋がっていれば「流れている」と一目瞭然です。

逆に、番号が飛んでいれば流れが途切れている証拠になります。

ムダが発生している証拠です。

 

工程表示は番号表示の意味は、

どのような順序で生産されているか、どこが一番まずいか、

誰でもすぐに分かるということです。

 

まず、やってみて下さい。