技術士による工場の生産性向上講座

たった90日であなたの工場が黒字化する方法

管理者の価値のある瞬間 まとめ

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

本日で、管理者の「価値のある瞬間」については終わりです。

 

①部下に直接やってみせる仕事をしている瞬間

②挑戦目標を達成させるための改善をしている瞬間

③部下が仕事をよりやりやすくする工夫をしている瞬間

④他部門へ協力している瞬間

⑤一ランク上の上司と本音で話し合っている瞬間

⑥部下のやる気をもたせる動機付けをしている瞬間

pe-michanpapa.hatenablog.com

pe-michanpapa.hatenablog.com

 

結局、管理者にとって「価値のある瞬間」は部下に「教える」ということになります。

この「教える」「教育する」ということが管理者にとって難しいため、

ほとんどの管理者や現場リーダーは作業に埋没してしまいます。(作業に逃げている)

 

また、様々な性格の部下がいるため、それらの部下の考え方を変えることは難しい!

どうしらたいいのか?とよく言われます。では、ポイントをお教えします。

 

「相手の関心」に関心を持て

 

部下を支援するということは、相手の関心に関心がなければできません。

それも難しいよ!という声が聞こえてきますが、訓練をすればできるようになります。

 

部下が話していることについて、

「なんでこの人はこのことを面白がっているのか、楽しんでいるのか」

ということを考えながら聞いてみて下さい。

 

相手自身や話の内容そのものに関心を持つのではなく、

相手の「ものの見方」大げさに言えば「世界の見方」はいったいどういうものであるか

ということに注意を向けるということです。

 

そうすることで、相手を良いか悪いかという基準で裁くのではなく、

相手を理解して受け入れようとする姿勢ができてきます。

これが「相手の関心に関心を持つ」という訓練になります。

 

どうでしょうか?!難しいでしょうか?!なんだか出来そうですよね?!

とにかくやってみましょう。