技術士(経営工学) 生産性向上コンサルタントの着眼点

たった3ヶ月で儲かる工場になる方法をあなたに

5Sは「物申す」から始めよ

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

昨日まで5Sの解説をしてきました。

pe-michanpapa.hatenablog.com

pe-michanpapa.hatenablog.com

pe-michanpapa.hatenablog.com

 

本日は、真の5Sとは何かを解説します。

 

工場の5Sは『物申す』から始めよ

 

物とは部材、仕掛品、完成品のことです。

この“物”が人に聞かないで、すなわち「者申す」ではなく、

 

今ここにあるものが正常に置かれていることが、

人に聞かなくてもわかるようにすることである。

 

これは置き場所名とそこに置かれている物が

何であるかがわかる表示をすることである。

 

整理・整頓の対象は、

①“物”からやれ

②金型や刃物など、製品を形づくる物の整理・整頓をせよ

③測定機器も同様にせよ

④最後は工具だ

これらの整理・整頓をしてから、清掃・清潔。躾を行う。

 

この整理・整頓の意味と価値は、

物を探す時間を最小にしてくれることにある。

 

物を探している時間はお金(付加価値)を生みませんよね。

 

とにかく、ただ5Sをやればいいと考えている中小メーカーは多いです。

この意味を正しくとらえてやらないと、生産性向上には絶対に繋がりません。

5S活動が自然消滅します。

 

実は私も推進者として5S活動を消滅させてしまった、苦い過去があります。