技術士(経営工学) 生産性向上コンサルタントの着眼点

たった3ヶ月で儲かる工場になる方法をあなたに

技術士試験対策 3.合格の法則(帰納法と演繹法)

 

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

本日は、かなり久しぶりに技術士試験対策についてです。

 

このブログの読者のあなたはお忘れかもしれませんが、

私は技術士試験対策の講師をしています。

 

*日本で初めてチャットワークを使った通信講座。

*添削をお返しする時間が早い、原則36時間以内。

*経験豊富な講師陣の手厚いフォローアップ。

 

技術士二次試験の対策なら 匠習作技術士事務所 - 技術士Lock-On:二次試験対策講座

 

合格の法則

 

技術士を目指しているあなたは、是非知りたいですよね。

 

話は逸れますが、以前のエントリーで「帰納法」と「演繹法」を学んだ、

今年一番の収穫であった、と言いました。

そして、これを教えてくれた方から「帰納法演繹法を使い分ける訓練をすべし」

とアドバイスを頂きました。

 

pe-michanpapa.hatenablog.com

 

そこで「帰納法」と「演繹法」を使い分ける訓練を兼ねて、

技術士試験の合格の法則を考えてみます。

 

*帰納法は法則(規則)を見つけ出す方法。

*演繹法は法則(規則)を活用する方法。

 

私が考える技術士試験の一番の対策は過去問の分析です。(特に択一問題)

5,6年分を並べてみると、出題範囲や頻度等、色々見えてきます。

そう!この過去問を分析することは「帰納法」になります。

 

そして、分析結果からどのような問題が出題されるか、

どの分野を重点的に学習するかを考えます。更には予想問題まで考えます。

そう!これこそ「演繹法」になります。

 

ちなみに、技術士Lock-On講座の特徴である「添削は原則36時間以内に返す」は、

待ち時間(不安を抱えた)はできるだけ短い方がよい、

という法則からヒントを得た?!これは「帰納法」です。

 

そして、実際に適用し他の受験講座との差別化に成功しています。

流石!匠先生です!これは「演繹法」です。

 

このような感じで、2つの視点から物事を見る訓練中です。

*合格の法則=過去問の分析