技術士による工場の生産性向上講座

たった90日であなたの工場が黒字化する方法

稼働率と可動率を区別せよ 03

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

昨日は稼働率と可動率の違いを解説しました。

pe-michanpapa.hatenablog.com

 

稼働率を上げる弊害

 

昨日の復習になりますが、稼働率は顧客が決めるものです。

したがって、稼働率を無理やり上げようとすると、

今必要のない在庫をつくることになってしまいます。

 

しかし、現実には工場の生産性の尺度として、稼働率を使う場合があります。

すると、現場の作業者は稼働率を上げると評価されるので、

稼働率を上げるために、どんどん不要なものまでつくってしまうのです。

 

この結果、不要な在庫品が増え、製品在庫が増え、

中には残業してまで生産を続ける工場さえ出てきます。

 

工場は可動率を高める努力をすべきです。

稼働率を上げることを目標にすべきではありません。

 

稼働率を上げる弊害も理解して下さいね。

pe-michanpapa.hatenablog.com