技術士(経営工学) 生産性向上コンサルタントの着眼点

たった3ヶ月で儲かる工場になる方法をあなたに

正しいチェックの方法を知れ

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

昨日は、現場を自分の眼で見る大切さを解説しました。

本日は、正しいチェックの方法を解説します。

 

チェックは違う方法で2重にせよ

 

あなたの工場でも、正しい数値や、正しい量、正しい品質になっているか

チェックする作業は非常に多いと思います。

 

例えば、出荷検査で担当者が正しい数かどうかを数えるために、

慎重に2回数えて、合っているかを確認するチェック方法をよく見ます。

 

最初と2回目に数えた数が合っていればOKで、

もし、2回目が合わなければ、もう1度数えるという内容です。

 

一見、2重チェックのようであるが、

同じ方法で2度行っても、精度は上がらないしムダも多い。

 

「重量と数量」「出来高と残高」等、違うものを組み合わせて数えれば、

1人で行っても厳重で速くなります。

 

左から右からのように、チェックは違う方法で2重にする方法が有効である。

 

検査に関する過去のエントリーも参照下さい。

pe-michanpapa.hatenablog.com

pe-michanpapa.hatenablog.com