技術士(経営工学) 生産性向上コンサルタントの着眼点

たった3ヶ月で儲かる工場になる方法をあなたに

不良は時系列で顔をとらえよ

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

あなたの工場でも不良がでたとき、実態把握を行いますよね。

 

不良の実態把握で重要なことは不良を時系列でとらえることと、

不良の内容(不良の顔)をとらえることです。

 

これが不良の生データなり

 

例えば、電子部品を作っている場合を考えます。

NCで作っていて、10本に1本検査をしているとします。

10本ごとの抜取検査で不良が見つかったとすると、

今見つかった10本の全数検査を行えばよい。

 

だから最悪の場合は10本の不良で済む。ここが重要です。

不良を最小限に食い止めることができます。ロット不良は起こりません。

 

発見した不適合品の内容(顔)を記録することが重要です。

よくあるのは「キズ」とか「汚れ」とだけ記録しているケースが多いですが、

これは不適合品の項目であり、内容(顔)ではありません。

 

不適合品を減らすには時系列と不良の内容の事実を

正確に把握することから始めなければならない。

 

製品を全部作ってからの抜取検査では全数ロット不良になるケースがあり、

直ぐにやり方を変えなければならない。