技術士(経営工学) 生産性向上コンサルタントの着眼点

たった3ヶ月で儲かる工場になる方法をあなたに

品質は工程で作り込め

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

あなたも工場で「品質は工程で作り込め」と言われませんか?

 

作業者に検査力をつけさせよ

 

品質は工程で作り込むとうことは、

作業者自身が加工した製品を品質保証することです。

このため、作業者は検査力を持つ必要があります。

作業者の力量は、技能の力量と検査の力量から構成されています。

 

いくら技能力があっても、検査力がなければ早く正確に作業はできません。

だから自工程で品質を保証し、次工程へ不良を流さないためには、

作業者に技能力と検査力の力量をつける必要がある。

 

例えば、製品加工は、図面要求を満たすために行うもので、検査力が必要である。

作業者は製品加工、検査員は製品加工されたものを検査するという

分業的な仕事のやり方では、品質は工程で作り込むことはできません。

 

品質を自工程で作り込むのは、作業者自身である。

これを理解する必要があります。

 

このためには、作業者に技能力と検査力をつけさせることが絶対条件になります。