技術士(経営工学) 生産性向上コンサルタントの着眼点

たった3ヶ月で儲かる工場になる方法をあなたに

「いい仕事」の尺度 (3)

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

昨日は、工場における「いい仕事」の尺度として、

付加価値生産性を解説しました。

 

また生産性目標は25%にすると解説しました。

もし、現状値が4000円なら、4000円×1.25=5000(円/人・時)です。

 

この25%生産性向上は、コストダウンに変換すると、6-8%に相当します。

今、顧客は年3-8%の値引きを要求しているので、

工場は生産性を25%上げていかないと存立できなくなってしまうのです。

 

そして最大のポイントはお金をかけないで、生産性を25%上げるということです。

お金をかけないでというのは、

設備投資をしない、最新のシステムを導入しないという意味です。

それを実現させることが「中小メーカー向けトヨタ生産方式(FL法)」の魅力です。

 

次回から、生産性を向上させるための具体的な方法について解説します。