技術士による工場の生産性向上講座

たった90日であなたの工場が黒字化する方法

たった3ヶ月であなたの工場が儲かる工場になる方法 / 実践編 (まとめ)

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

たった3ヶ月であなたの工場が儲かる工場になる方法 / 実践編の

まとめ、です。

 

一昨日は、師匠O先生のセミナーに受講生として参加しました。

「計測器の校正費は半減できる!」という内容ですが、

大きなテーマは『常識打破』です。

f:id:PE-michanpapa:20171118142249p:plain

ロングセラーセミナー

メーカーの管理者は計測器の校正費は税金のように固定と考えている。

そして、このセミナーでは、校正費は固定ではなく、半減になることに気付く。

 

以下、簡単に内容を書いておきます。

①対象見直し:国際規格では検査する計測器のみ校正すればよい。

製造条件を決める計器については、校正を要求されていない。

組織が必要に応じて計器を校正するのは構わない。

 

②頻度:検査の実体をよく把握していないと適切な頻度は決められない。

 

③校正方法:社内で校正を行う場合は、校正の標準時間を決めて、

この時間内で行うようにする。

校正を時間指示で行っているメーカーはほとんどない。

これでは、校正精度は上がらないし、校正コストも下がらない。

校正とは、真値からのずれを明確にすること。

校正基準から外れていたら、調整・修理してもらうこと。

 

このセミナーはロングセラーで、19年間で60回も開催されている。

なぜなら、常識打破に気付くからだ。