技術士(経営工学) 生産性向上コンサルタントの着眼点

たった3ヶ月で儲かる工場になる方法をあなたに

たった3ヶ月であなたの工場が儲かる工場になる方法 / 実践編 (総復習3)

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

たった3ヶ月であなたの工場が儲かる工場になる方法 / 実践編の

総復習3、です。

 

あなたは、今、どこでこのブログを読んでいるでしょうか。

少し回りを見て下さい。そして青色のものを探してみましょう。

 

どうでしょうか?車、空、コップ、本…色々見えてきますよね。

では次は、黄色いものはどうでしょうか?

同じ景色でも、何を意識するかで見えるものが変わってきます。

 

人間の脳は、意識したものしか認識しません。

つまり『自分が意識したものだけ見ている』ということになります。

逆に『自分が意識していないものは見えていない』ということです。

 

外国人が初めて日本に訪れたとき、

夏の風物詩である「風鈴」の存在に気付く人はいないそうです。

外国人には風鈴という知識がないため、

風鈴が目に入っても脳が認識しないということです。

 

さて、そろそろあなたもお気づきのはずです。

工場を改善するときも、これと全く同じなんです。

工場管理の知識が不足していたり、意識が偏っていると、

改善できることが限られてしまいます。

これは『本当に改善すべきことが見えていない』ということです。

 

経営者や管理者のあなたにお伝えしたいことは、たった一つ。

『工場には、まだまだ改善できることが沢山ある』ということです。

ただ、それが見えていないのです。

 

どうしたら『見えていないものに気付く』ことができるか?

 

簡単です。私のブログを読むことです!

気付くことにかかるお金はゼロ円です!

時間は数分あれば十分です。

 

要チェックや!

1.工場の課題はこの2つだ! (1)-(3)

2.『利益』とは何か? (1)-(2)

3.利益を生み出す瞬間 (1)-(2)

4.生産性の目標設定 (1)-(2)

5.『人財』とは何か? (1)-(4)

6.常識打破には錯覚を見抜け (1)-(4)

7.改善のしくみをつくれ (1)-(3)

8.ザ・工場改革 (1)-(4)