技術士(経営工学) 生産性向上コンサルタントの着眼点

たった3ヶ月で儲かる工場になる方法をあなたに

工場の課題はこの2つだ! (3)

こんにちは、技術士(経営工学)の、みーちゃんぱぱです。

さて、企業のあるべき姿とは、どのようなものでしょうか?

 

今週はある会社の創立記念式典がありました。

中小企業で60年以上も続いているなんて、すごいことですよね。

 

経営者Aさんは、社長になって数年の社長さんです。

「80年、100年続く会社にしたい、目指すは価値創造企業だ」

「これからは自動化工程やIoTを導入していく」

という話がありました。

最近のトレンドをいち早く取り入れたい、とう考えが伺えました。

 

一方、こちらも老舗企業の経営者Bさんの話です。

「これまで、自分が引っ張りなんとかやってきた、しかし、引退後は大丈夫だろうか」

 

確かに、Bさんは大変優秀です。

しかし、それゆえに管理者・リーダーが育っていないのも事実です。

 

これにBさんは大きな危機感を持っています。

「自分が元気なうちに、工場管理をしっかりしておきたい」

「ちゃんとした状態で後継者に経営を譲りたい」

と考えているのです。

 

以上より、『企業のあるべき姿』とは、社会に価値を提供し続けることです。

言い換えると、倒産してはいけないのです。

 

でも、どんな優秀な経営者もいつか必ず引退します。

 

しかし、企業はその後も継続していかなければなりません。

そのためには、“しくみ”が必要です。

 

昨日の復習です。

しくみとは、運や人の能力に左右されない仕事のやり方であり、

誰がやっても、何度やっても、同じ結果がでるということでしたね。

 

そうです、今の時代だから成功するやり方ではダメなんです。

誰でも、いつでも成功するやり方が絶対に必要なんです。

 

では、何から始めたらよいのでしょうか?

 

Aさんは、今までのやり方を踏襲しつつ、最新設備を導入する。

Bさんは、第一歩として、『管理者の意識改革』から取り組んでいます。

どちらも世代交代の真っ最中です。

 

どちらの判断が正しいかは、数年後に分かりそうですよね…

 

あなたも、想像してみて下さい。

あなた(ご自分)のいない10、20年後の会社のことを!!

 

[ここで少し考えてみましょう]

 

あなたの会社には、”しくみ”がありますか?

経営者であるあなたがいなくても、工場は利益を出し続けることができますか?

工場管理を強化すべきタイミングはいつですか?

 

いまでしょ!即行動して下さい。